External links

時代小説「首巻き春貞(四) 炎上」公開

2017年10月20日

期間限定無料配布開始! 「首巻き春貞(一)小石川養生所始末」はこちら 「首巻き春貞(二)祝言」はこちら 「首巻き春貞(三)御金蔵破り」はこちら

時代小説「首巻き春貞(四)炎上」をお届けする。今回で四作目となるが、主な舞台は小石川養生所から主人公松平春貞の屋敷へと変わっていく。

本編にも登場するが、享保十一年九月十八日、養生所肝煎の小川笙船は自身が目安箱へ訴えたのがきっかけで開設された小石川養生所を息子に譲り去って行ったからだ。無論これは史実である。

また春貞の周辺も様変わりしていく。

この物語が始まってから五年ほどが経過していくのだからそれも当然ではあるが、新しい仲間や登場人物も増えていく中でそのコントロールの難しさも味わっている。

とはいえ手前味噌だが、自身が作り出したキャラクタに感情移入し、自分が創り出したストーリーに涙しているのだから幸せ者だ(笑)。

「首巻き春貞(四)炎上」、お楽しみいただければ幸いである。

 

■使い方

 以下の表紙イメージをクリックしてください。データは縦書きとしPDFで保存してあり、したがってアクセスしていただければブラウザでそのままお読みになれる。

またお使いのブラウザ機能を使い、ダウンロードし例えばiBooksやKindleにインストールすればまさしく電子ブックとして楽しんでいただける。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■使用上のご注意

 本書の無断複写および配布・販売は著作権法上の例外を除き禁じられています。

 

 

 

・記載の製品名、企業名などはそれぞれ各社の登録商標または商標です。
・記載する情報の正確さならびに安全性について、当サイトは保証いたしません。
・特に明記のない場合の転載はご自由ですが、出所出典および当サイトのURLを明記してください。

© 2003 - 2017 Macテクノロジー研究所