External links

時代小説「松平藤九郎始末(三)首巻き春貞外伝

     新年の幻夢

2020年3月22日

期間限定無料配布開始!

「首巻き春貞 江戸暦(一)蘭学事始異説」はこちら

「首巻き春貞 江戸暦(二)決闘」はこちら

「向島診療所異聞(一)首巻き春貞外伝」はこちら

「松平藤九郎始末(一)首巻き春貞外伝」小金原御鹿狩の死闘 はこちら

「松平藤九郎始末(二)首巻き春貞外伝」新しき道へ はこちら

 「首巻き春貞外伝 松平藤九郎始末(三) 新年の幻夢」をお届けする。

 2017年から続けてきたオリジナル時代小説は本巻をもって筆を置こうと考えている。いや、ネタがなくなったということではないし意欲が失せたわけでもないが、この数ヶ月、どこで筆を置くかを考えながら書いてきた。

 本編で二十巻目…。区切りどきだと決心!

 ということで本編、寛政10年(1798年)12月20日を持って幕を閉じることにしたい。

 ちなみに翌年の寛政11年(1799年)12月20日、すなわち小説の丸一年後に尾張藩主德川宗睦が67歳で死去する。

 そして江戸と言う時代も急速に変わっていく。

 この54年後にはペリー率いる黒船が浦賀にやってくる。

 長い間、お付き合いいただきありがとうございました。

 

                       2020年3月 東京都多摩市、自宅兼仕事部屋にて

                                        松田 純一

 

 

■使い方

 以下の表紙イメージをクリックしてください。データは縦書きとしPDFで保存してあり、したがってアクセスしていただければブラウザでそのままお読みになれる。

またお使いのブラウザ機能を使い、ダウンロードし例えばiBooksやKindleにインストールすればまさしく電子ブックとして楽しんでいただける。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                           2020年3月26日 一刷発行

 

 本書の無断複写および配布・販売は著作権法上の例外を除き禁じられています。

 

 

・記載の製品名、企業名などはそれぞれ各社の登録商標または商標です。
・記載する情報の正確さならびに安全性について、当サイトは保証いたしません。
・特に明記のない場合の転載はご自由ですが、出所出典および当サイトのURLを明記してください。

© 2003 - 2020 Macテクノロジー研究所