External links

リラックスした姿勢で腰を温めて楽にするイス型ヒーターZR-51HT

2018年12月25日

これからの季節、電気足温器と電気膝掛けが手放せないが、次に冷えるのは腰だ。個人的には50歳過ぎても足腰が冷えるなどということは無かったがやはり寄る年並みには勝てないのか一昨年辺りから冬期は冷えを感じるようになった。そこで座った姿勢で背中から腰までをまるごと温めることができる暖房器具を買ってみた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが「ゼンケン 腰すっぽりヒーター ZR-51HT」である。しかしこの手の製品の多くは企画倒れというか、アイデアはともかく使い心地がイマイチという場合も多いものだがこればかりは試してみないことには分からない…。

この「腰すっぽりヒーター」は椅子はもちろん、ソファや畳など、座れる場所であればどこにでも設置することができる。

デザインだが、背中から腰回りまでをすっぽりと覆うまさしく椅子のような形をしており、椅子やソファ、畳などに置いて、直接座って使用する。

したがってMacの前に座っていることが多い私にピッタリだと思った。

 

これが具合よければ腰回りの温め、そして別途電気膝掛けおよび電気足温器と合わせて下半身の暖房は完璧となる。

ということで実際に愛用の椅子に置いて早速試してみた…。

いやはや実に具合が良く心地よい。本体カバーにはブラウンのマイクロファイバー素材を使用していることもあって電源OFFでも触れた時にふんわりと温かさが感じられる。

しいていうなら本体カバー床面に滑り止め処理があれば完璧ではないか。なおサイズは幅370×奥行420×高さ410mmだ。

 

肝心の温度コントロールは付属のリモコンで行うが、切・弱から強まで無段階のスライド仕様だ。ちなみに表面温度は強で約47℃、中で約40℃、そして弱で約30℃だという。

強めにしておけば厚手のジーンズを履いていても十分な暖かさだし、2時間経つと切り忘れ防止タイマーが働き電源オフとなり室温センサーや電流ヒューズ、温度ヒューズも装備され、ヒーターから出る電磁波(磁場)を99%カットするなど安全面でも十分考慮されている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

またカバーは取り外せて洗濯可能だし本体リモコンから「ダニ退治」メニューを定期的に選択することで、ダニの繁殖も防ぐことができる。

さて気になる電気代だが、本製品の定格消費電力は50Wで消費電力は強だと約18Wh、中で約12Wh、弱で約4Whということだ。そして電気代は強で1時間あたり約0.49円、中で0.32円、そして弱だと0.11円だという。これなら電気代もほとんど気にならない。

 

今季の冬はこの「腰すっぽりヒーター」および「電気膝掛け」「電気足温器」という三つのアイテムを適宜組み合わせて乗りきろうと思っている。

下半身の冷えでお困りの方にはお勧めの逸品である。

・記載の製品名、企業名などはそれぞれ各社の登録商標または商標です。
・記載する情報の正確さならびに安全性について、当サイトは保証いたしません。
・特に明記のない場合の転載はご自由ですが、出所出典および当サイトのURLを明記してください。

© 2003 - 2019 Macテクノロジー研究所