External links

メガネクリーナー「peeps

2017年01月04日

これまたアイデア商品だが、メガネクリーナー「peeps」を買ってみた。メガネを常用する者にとってその汚れは大変気になるものだし実に厄介なものだ。埃だけでなく無意識にレンズに触ってしまうこともあればキッチンであれやこれやしていると油が跳ねるときもある。簡単な汚れは息でも吹きかけティッシュで拭けばよいが、油膜がかかってきてはきちんと掃除が必要になってくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無論そうした掃除用の液体クリーナーは持っているが簡単そうで面倒なのがこのメガネの掃除だ。レンズだけでなくフレームや鼻あて部分などが汚れてくるとティッシュだけではどうにもならないので超音波洗浄機の出番になるが、レンズだけなら傷をつけることさえ注意すればよいものの下手をすれば拭いたつもりが余計汚してしまうことも...。

 

自宅にいるときは様々なクリーナー類があるから面倒は少ないが、外出先だとティッシュくらいしか持ってないので手垢などを付けて仕舞うとこれまた面倒になる。メガネに頼っている視力だからしてメガネが曇ってはそれこそ意欲が削がれてしまうのだ。

ということでコンパクトで携帯性にも優れているだろうとメガネクリーナー「peeps」というものを買ってみた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「peeps」は、9.5×2.5×3.3cmとコンパクト。バッグやポケットにも収納可能でカーボンクリーナーが付いたチップはキャップに収納されるので不用意にクリーナー部分を汚したりしない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

使い方は簡単で、キャップを取るとちょうどピンセットのように二本のアーム先端に炭素粒子が練り込んだバフ(クリーナー)がある。それでメガネのレンズを挟みながら円でも描くように拭けば、レンズの両面が同時に綺麗になり、拭いているときに指紋がつくこともないわけだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

またキャップの反対側にはスライダーを押すとブラシが出てくる。これで埃など目立つ汚れを落としてからクリーニングすればレンズに傷は付きにくくなるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パッケージによればこれひとつで500回ほどのクリーニングができるとのこと。そして私は Just my shop というジャストシステム直営ECサイトで購入したが、そのサイト表記によると本品は世界中の有名光学メーカーやNASAの国際宇宙ステーションでも実際に採用されているほどの逸品だと記されている。

まあそれはともかく実際に使ってみると、こびりついた汚れには不向きかも知れないが油膜などは綺麗に落ちる。後は耐久性が心配だが、これはしばらく使い続けてみるしかない。

 

ともあれメガネやサングラスを常用する人にとっては簡便でよいメガネクリーナーかも知れない。

 

メガネクリーナー「peeps」のパッケージ

メガネクリーナー「peeps」

「peeps」のキャップを外すとクリーナーが使える

メガネのレンズを両側のチップで挟んで拭く

レンズの埃などはあらかじめブラシで取り除いておく

Just my shop

・記載の製品名、企業名などはそれぞれ各社の登録商標または商標です。
・記載する情報の正確さならびに安全性について、当サイトは保証いたしません。
・特に明記のない場合の転載はご自由ですが、出所出典および当サイトのURLを明記してください。

© 2003 - 2017 Macテクノロジー研究所