External links

安全を謳う耳掃除ツール、Smart Swab

2016年12月28日

犬の散歩で朝夕外を駆けずり回るからか、一時期より耳掃除の機会が多いような気がする。本来耳垢は押し出そうとする力が働き自然に外部へ出てくる理屈らしいが、それでもときにガサガサしたり痒くなったりするときがあるので耳かきを持ち出して自分で耳掃除するがこれがなかなか思うようにいかない。

 

まあいい歳していまさら耳かきが上手く行かないというのもおかしいが、耳掃除の効果があまり感じられないのだ。無論一般的な竹製の耳かきの他に金属製の突起が3重にになっているものなどを手に入れてみたが、あまり耳かきに熱中すると痛めてしまうこともあるからほどほどにするだけにどうにもすっきりいかない。

 

というわけで今回アイデア商品だがSmart Swabというスクリュー型耳かきを買ってみたのでレポートさせていただこう。

このSmart Swabの特長はそのシリコン製の先端、すなわち耳かき部分にあるわけだが、この形状が文字通りスクリュー型になっていることだ。この部位を耳の外耳に差し込み一定方向に本体を回すことで耳垢がスクリューの突起に誘導されて出てくるという仕組みだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これなら無理をして耳かきで強く掻く必要もないし長さからして外耳奥にある鼓膜付近まで棒状のものを差し込み傷を付けるようなこともないはずなので買ってみた次第。

本体は棒状のハンドル部とスクリュー型の耳かき部に別れるが、耳かき部位は簡単に取り外して交換ができる。届いたパッケージを確認すると158mm × 88mm × 40mmほどの樹脂製の箱にすべてが収められていた。内容はといえばハンドル本体が1本とスクリュー型耳かき部位が17個 (1個はハンドル本体に付属)入っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当初そのスクリュー型耳かきはサイズの違うものがあるのかと思ったがすべて同じサイズだった。この部分は取り外し洗って使い回しが利くが、家族数人で使う場合などには別々のものを使う方が衛生的だろう。

ともあれ早速このSmart Swabを自分の耳に入れて本体に記されている方向に静かに回してみる。問題はどれほど押し込むかだ。スクリュー部の長さは約20mmほどなので間違っても鼓膜まで到達しないはずだが、シリコン製だからといっても手荒にすると先端が外耳道の奥の壁に当たって痛い。

 

要は差し込む場合も回転する場合も優しく静かに扱う事が肝心なのは他の耳かきと同様だと考えるべきなのだろう。耳掃除で安全を期す場合には綿棒が愛用されているようだが風呂上がりで耳垢が湿っている場合には有効かも知れないしものの、耳垢を奥に押し込んでしまうこともあるという。したがってこのSmart Swabとの併用も良いかも知れない。いずれにしても無理をしないことだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではSmart Swabの効果は如何に?ということだが、残念ながら直前に掃除をしたからかSmart Swabでやっても目立って耳垢が取れたという好例は示せなかった。ただし回し方にもよるもののスクリュー部が外耳道の全体に接触するので慣れると気持ちが良いのは確かだと思う。同じことを一般的な耳かきでやろうとすればそれこそ傷を付けてしまうかもしれない。

まあどうしてもすっきりしない場合は素直に耳鼻咽喉科に行くのが正解なのだろうし、Smart Swabのようなアイテムも人によって合う合わないがあるかも知れない。私にはといえば今のところ難はないので使い続けてみようと思っている。

 

そういえば余談ながら私は耳かき棒で掃除しようとすると奇態に咳がでる。しかし女房や友人たちに聞いてもそんなことはないというのでずっと気になっていたが、たまたまウェブで調べて見たから複数の耳鼻咽喉科の先生たちがそのことを説明している箇所に出会った。

それによると私のような人間が2割ほどいるそうなのだ。理由だが脳から内臓に向かって延びる神経の枝が、外耳道部分にも広がっているため、耳掃除の時にその神経を刺激することで内臓への反射が起こり、咳がでることがあるのだという。まあ自分で耳かきする場合はどうということもないが、以前に通っていた理髪店は最後に耳掃除もしてくれたものの必ず咳をするので不思議がられたものだ。2割方とはいうもののやはり珍しいのだろうか...。

 

なおこの手の製品にありがちだが、パッケージ名称はSmartSwabなのに販売はSmartScrewといった別名で販売されていることがある。また私が購入したのは1セット980円という格安だったので試しにと飛びついた訳だが、例えばAmazonで検索してみると同じものと思われる製品が何と 9,016円で販売されている...ということもあるのでお探しになる時には要注意だ。

 

 

耳かき部分はシリコン製で耳に優しい

耳かきのセットおよび交換用の先端はすべてひとつのケースに収まっている

シリコン製のスクリュー耳かき部位を拡大

・記載の製品名、企業名などはそれぞれ各社の登録商標または商標です。
・記載する情報の正確さならびに安全性について、当サイトは保証いたしません。
・特に明記のない場合の転載はご自由ですが、出所出典および当サイトのURLを明記してください。

© 2003 - 2017 Macテクノロジー研究所